ken-j’s diary

大衆の人が「なるほど」と言えるようなブログは書けない。でも少数が「なるほど」って言える記事をつくる。それがこのブログです。

ADHD??『ギリギリにならないとできない人たち』いっそのことやるべき事とやらない事を選別する。もしくは怠惰ではないでしょうか。

仕事にしても課外活動にしてもそうだと思いますが段取りをしておいたり、出来ることは出来るだけ先にやってしまうことが毎日を順調に過ごす秘訣だと思います。

f:id:ken-j:20191026094943j:plain

ブログにしてもそう。

毎日更新を志すのであれば記事を出来るだけ生産しておいて効率よく出荷していく必要がありますよね。

ぼくの場合はギリギリになって初めて記事テーマを選定して、作成に入ります。

なんと綱渡り・・

 

今回はぎりぎりにならないとできない人たち(ぼく)に向けて記事を書いていきます。

友人との会話から始まった疑問

f:id:ken-j:20191026095000j:plain

冒頭のブログ話、ぼくの場合は趣味だからいいんです。

でもずっと前、友人と話した内容が思い出されました。

友人はフリーランスとして仕事をしておりデザイナーとして活動しています。

 

一緒に食事をした時の会話

ぼく

「最近忙しいの?」

友人

「そうなんやって。締め切りがぎりぎりだからあんまりゆっくりできんわ。」

(女子みたいにいつもぼくたちは2時間でも3時間でもファミレスに居座ります)

ぼく

「じゃあ儲かっていいよな!」

友人

「いや、そんなことはないよ。一定時間の猶予はもらってたんだけど。ぎりぎりじゃないとできないんだよな。」

ぼく

「そうなんや、自分でつかんだ仕事だからどんどんやっていけばそれだけ収益もあげるからやればいいのに。」

友人

「そうなんだけど、いつもぎりぎりになるんだよな。」

こんな感じで会話をしたように記憶しています。

 

ブログ記事をギリギリにならないと書けない状態が、友人のギリギリにならないとできないという状態によく似ていると感じました。

ここからが好奇心が膨らんできしらべてみました。

ギリギリ≒先延ばし=後回し 病気かもしれない

ギリギリ 先延ばしと後回し

本来は結びつきませんが、よく似たようなもんじゃない??

という自分ルール宣言をしておきます。

調べていくと興味深い内容がみつかりました。

 

病気かもしれませんよ?

なるほど。

病気でくくれば大抵の場合、治す方法もセットですよね。

【病名】と【症状】と【対処法】をシンプルにまとめました。

【病名】 ADHD(注意欠如多動性障害)

圧倒されそうな病名です。

言い換えれば【先延ばし】

【症状】

先ほども言いましたがやらなければいけないことを【先延ばす】ことです。

先延ばしをすることでデメリットが発生するので病気と言われているんですよね。

 

デメリット

自信や自己効力感に加え誠実さを失う

先延ばしが常駐化していくと自分の行動をコントロールすることが出来なくなり決断に自信がなくなります。

自己効力感である「すぐ行動できる」という意思も薄らいでいくので自己効力感もなくなっていくわけです。

挙句の果てに誠実さを失いかねません。

【対処法】

やることをシンプルに考える

日頃生活しているとたくさんのやるべき事があると思います。

そもそも全部やるべきなのか。

中にはやらなくてもいいこともあるのではないでしょうか。

だからやらなくてもいいと思える事は「先延ばし」ではなくやらないと決断する。

総括 ここまで書いたけど怠惰なだけであろう。

f:id:ken-j:20191026095016j:plain

はい、ここまで曖昧な形で記事にしましたが正直ここを言いたいがために書きました。

仕事の場合選択の余地はないと思います。

生活をしなければいけないので。

 

ぼくの場合だと単純に怠惰なだけであろう。

もっと意識していかなければ、いけませんね。

 

 

 

意外と難しいテーマになりました。

ここで対処法を活用します!

行き詰ったので「また後で」と思いましたが、おそらくお蔵入りになりそうです。

だから「もうここで終わり!」と決め投稿することにします。

これも先延ばし防止!?

 

おわります。