ken-j’s diary

大衆の人が「なるほど」と言えるようなブログは書けない。でも少数が「なるほど」って言える記事をつくる。それがこのブログです。

スマートニュースに乗った!!とぬか喜びも束の間・・。瞬殺で消されたお話。

はい、ken-jです。

 

ぼそぼそと、雑談話をしていきたいと思います。

 

先日、お休みをとって子供の看病をしていたんですね。

まあわりと元気でテレビを見ていたので、ぼくはネットサーフィンやらブログ記事の作成をしたりしてたんです。

 

いつもダブルモニターで作業をしており、片方では記事作成や閲覧をして、もう片方では基本アナリティクスを開きながら作業をしています。

 

ちなみにアナリティクスってのはGoogleが提供しているソフト?です。

使いこなせてはいないけど。

自分の記事にどれだけのアクセスがあるのかとか、滞在時間とか、1記事だけ見てそのまま退出したとかいろいろとわかるものです。

もし入れていない人は入れた方がいいかも。

analytics.google.com

この中の機能でぼくはリアルタイムのアクティブユーザーを開きながら作業をしています。

だから、どんなドメインの人が訪れているのかを把握できてしまいます。

(地域とかまでわかっちゃうので面白いですよ)

 

とまあ、本題から話が逸れてしまいましたが、いつのようにアナリティクスのリアルタイムユーザーを開いていました。

 

と、そこへあるドメインが表示されます。

とても、とてもご無沙汰していたドメインでした。

 

smartnews.com

 

内心、おー!ってなりました。

もうスマートニュースから需要のないブログとして認知されていたとばかりに思っていましたが、何かの記事が取り上げられていたようでした。

補足説明ですが、smartnews.comと表示されたということはスマートニュースに自分の記事が掲載され、その掲載された記事をクリックした人が見に来ているという事になります。

 

何気なくクリックしているスマートニュースの記事ですが、クリックされた側はアクセス数の増加でテンションが上がっているというわけですね。

 

まあ当たりはずれが大きいので、人気のないカテゴリーの片隅にアップされたくらいではそんなに伸びないんですけど。

 

はい、話を戻します。

 

smartnews.comが表示されてからまず最初にすること。

そう、自分の記事がスマートニュースのどこに掲載されているかを確かめることです。

大抵は「あなたにおすすめ」「オピニオン」です。

 

トップなんかに表示されたら、おそらく数万アクセスから数十万くらいになるんじゃないですかね。

夢のまた夢ですが。

 

ということで、やはりここに掲載されていました。

f:id:ken-j:20200119002912j:plain

 

正直「ブログネタ」が載ってしまったか・・

と思いました。

ブログネタは読む人が限定的なのであまり伸びない傾向にあると感じています。

 

それでもいつもの流れとは変わるので、アクセス数に期待しながら少し外出したんですね。

 

そして30分後、淡い期待を込めながらアクセス数を見たわけなんですよ。

 

全く増えていない・・・

 

そして、スマートニュースからの流入があった痕跡が一つもありませんでした。

弱小のアクセス数なので、スマートニュース効果はたった30分でも確実に現れます。

経験上では。

 

なんでだろう?

と思い、スマートニュースを見にいくと。

 

きれいに消えておりました・・・

 

ぼくの記事、何がいけなかったのでしょうか。

とても聞いてみたい気分になったのでした。

 

ここで一つ言いたい事を言って終わりにしたいと思います。

 

スマートニュースさん。

 

ぬか喜びさせないでくれませんか!!

 

ま、勝手に喜んだぼくが悪いんですけどね。

 

おわり。