ken-j’s diary

大衆の人が「なるほど」と言えるようなブログは書けない。でも少数が「なるほど」って言える記事をつくる。それがこのブログです。

『燃え尽きる』長文ブログを書いたあと、襲われる燃え尽き感が後を引く。毎回長文ブログを生産できる人はすごい。

f:id:ken-j:20190818062033j:plain

この時期になってくると朝がすごく涼しくなってきますよね。

台風や雨が過ぎ去った後、顕著になる気がします。

 

さて、今回の記事はただの日記というかいつも思う事をお話しします。

いつも思う事。

それは長文記事を書き終えた後、必ず燃え尽き感が発生します。

そして毎日長文記事を生産しているブロガーさんを見ると半端じゃないなと感じます。

 

ブログを更新していく中で特に思いの詰まった記事や、伝えたいと思えるようなものを取り上げると記事が長文になることがあります。

ぼくの場合、長文の定義は約2000文字くらいを指します。

作成時間にすると、テーマによりますが1000文字で1時間ちょっと。

これでもかなり早くなった方だと思います。

 

つまり2000文字級を作成すると2時間30分くらかかります。

そして書き終えた感が発生するので気が抜けます。

しかし、当ブログの1番の持ち味は毎日投稿だと考えているのでやり終えるわけにはいきません。

また次の日、何を投稿するかを考え作成し始めます。

ただ、次の日は長文ブログを作成する気力とネタ集めが不十分な為簡単なブログになってしまいます。

 

今がまさにそうなので、この記事を書いているわけです。

 

ちなみに前回投稿した記事は約3300文字でした。

おまけに難しいテーマを選定してしまった為、膨大な時間を費やしました。

www.ken-j.work

思いと伝えたい事を込めた記事として書いた、こちらの場合だと約3500文字。

燃え尽きちゃうんですよね。

www.ken-j.work

 

こんなぼくはいつも思います。

「3000文字以上を毎回生産しているブロガーって半端じゃないよな」

 って。

 

出来る事なら見習って有益な情報で3000文字級を生み出し続けたいと思いますが、今のスキルでは無理だしバランスを崩してやめかねません。

やめてしまっては元も子もありません。

f:id:ken-j:20190818062057j:plain

ぼくはブログを書くことに様々な思いを持っています。

その1つに

「次の1手はなにか」

というものがあります。

 

何回か話していますが、何も時間を費やさず余暇だけを目的に生きていては人生は良いものにはならないと考えています。

ぼくにとってのブログは良い人生を迎える為の礎になると信じて取り組んでおります。

 

『次の1手があれば、喜んでやめましょう』

でも今はブログ以上にはありません。

だから燃え尽きたとしても

ブログマスターと比較して落ち込んだ時でも

とにかく続ける。

そうやってコツコツと積み重ねていきます。

 

ほぼ自分を鼓舞するために書いていますが、これを見て少しでも共感してもらえる人がいたら嬉しいです。

ぼくのコンセプトでもありますので。

 

過去記事を見ていてこんな記事も書いていました。

この時はブログについて言及する勇気がなくボカシておりますが。

短いので良ければ一読してください。

www.ken-j.work

という事で以上自分への叱咤でした。

と、いいつつ最後につぶやき。

(毎日投稿で長文を生み出すのって、才能なのかな。たいへんなんですけど・・) 

 

最後まで、お読み頂きありがとうございました。