ken-j’s diary

大衆の人が「なるほど」と言えるようなブログは書けない。でも少数が「なるほど」って言える記事をつくる。それがこのブログです。

【毎日更新200日】毎日毎日コツコツと・・ブログを更新し続けた結果。どうなったのかを報告します。

f:id:ken-j:20190805233424j:plain

前回にも同じような記事を投稿しているのでよかったらこちらを見てもらってから本記事を見てもらえると嬉しいです。

www.ken-j.work

この度、毎日ブログ更新が200日を達成しました。

そこで100日と比較してどう変わっていったのかを記事にしていきたいと思います。

アクセス数

100日更新記事から読み取っていくと

100日更新時  751PV

200日更新時 84,427PV(約112倍)

いつも見てくれてありがとうございます。

f:id:ken-j:20190812063124j:plain

この記録から見るに相当成長したのではないかと自画自賛したい気分ですね。

 

少しだけ「100日更新記事」から振り返りになりますが、当ブログは4月上旬までアクセス数が皆無のブログでした。

誰にも見てもらう事のない記事をただひたすら書き続けていました。

この時すでに「178記事」の投稿です。

 

その様子はこの記事を見てもらえるとわかります。

www.ken-j.work

作りこんでいない、本当にただの一言日記みたいなものだったので、そんなに苦労もすることなく作った記事ではなりますが、これだけ孤独に記事を作り続けたぼくからすれば「初心者よ、何をそんなところで挫けているんだい?」と言いたい。

 

こうやって徐々にですがアクセス数を伸ばしていくことができました。

現在は5,000PV/月あたりで見て頂けております。

 

ちょっと待って。計算が合わないぞ?

と思われた方もおられると思います。

そうなんです、この間にアクセス数が爆上がりの出来事が起こったんですよ。

皆さん大好きな「はてブ砲とスマニュー砲」です。

 

こちらの様子を書いた記事を載せておきます。

www.ken-j.work

www.ken-j.work

 この時は本当に凄まじかったです。

1ヶ月頑張っても到達できないようなアクセス数をあっという間に更新していく状況で数秒ごとにアクセス数を見てもみるみるうちに伸びていく。

これは一種の中毒症状を起こさせるような出来事でした。

この波が短期間に2度も押し寄せてきました。

 

その後、去った後の虚しさは相当なダメージをぼくに残していきましたね。

そして、こんなにも簡単にアクセス数って伸びるのかとも思い、しばらくは○○砲を狙う方法を考えながら記事を作成してました。

しかし当たり前ですがそんな都合よくヒットするわけはなく、悶々とする日々を続けることになりました。

ブログの更新も馬鹿らしく思えるようになりやめようかとも思いましたが、なんとかここまで続けてこれました。

 

読者数

これも100日更新記事から読み取っていくと

はてなブログ読者様で

100日更新時   47名様

200日更新時  220名様(約4.6倍)

皆様、いつも感謝しております、ありがとうございます。

f:id:ken-j:20190812063221j:plain

これだけの人から読者登録をしてもらえているのはすごく嬉しいことです。

アクセス数の流れと同じですが「100日更新記事」を書く直前の4月上旬、読者様は2名でした。

そこから考えるとこれだけ多くの読者様が登録してくれているのは嬉しい限りですよ。

 

はてなブログ読者様以外でいくと

オーガニック検索による閲覧記事が少しずつですが増えていっていると思われるのでここでも単発読者様が増えてますね。

 

ちなみに1日に数回は読まれる記事がこちら

www.ken-j.work

 余談ではありますが

当ブログはあたたかい方に恵まれており、ほぼ批評コメがついておりません。知識不足での指摘事項はありますが。

 

しかし、こちらの記事には指摘事項や批評コメもついてきましたね。

モデルが少なすぎて偉そうなことは言えませんが、人気記事を打ち出せる要素は批評コメもつくような記事であるのではないかと思っています。

今度、思い切った意見のつまった内容の記事を書いてみて実験したいと考えていますが、怖くて進めません。弱小メンタルなので。

 

もう一つ、少しずつですが読者流入が増えてきているのがTwitterです。

はてなブログではTwitterと記事連携をできる機能があるのを知ってましたか?

 

 こちらの記事にまとめてあるのでよければご確認下さい。

www.ken-j.work

せっかく頑張って書いた記事です。見てもらえる幅が広がればそれだけ多くの人に見てもらえる機会が増えますので、是非活用してみて下さい。

 

ここではぼくの運用経過をお見せしたいと思いますが、フォロワーさんが1,000人を越えました。

フォロワーさんを増やす方法は記事通りにしか行っていませんが順調に伸びています。

自分のブログ活性化の為に試してみて下さい。

f:id:ken-j:20190811161457j:plain

流入率はこちらです。まだまだ弱小状態です。

Twitter流入率2%

f:id:ken-j:20190812063842j:plain

今後はこのTwitterからも流入が増えてくれることを期待しつつTwitterでも活動機会を増やしていく予定です。

収益化

お待たせ致しました。

収益化について話していきたいと思います。

収益化ツールについて先に提示しておきますが

・Googleアドセンス

・Amazonアソシエイト

・A8.Net

となっております。

結論的に言うと「Googleアドセンス」以外は活動させておりませんのでこの部分でしか話すことが出来ません。

 

先に収益について提示します。

(具体的に公表するとペナルティ対象になるようなのでオブラートに包みます)

 

うまい棒660本!!

 

少な。

皆さんの声を代弁しました。

 

100日記事更新で次の目標の1つに「収益化」を入れましたがブログでの収益化というのはやはりハードルが高いことがわかりました。

ですが、あとひと頑張りで形になりますので最低それまでは頑張る所存です。

 

ただ、Googleアドセンスの合格が5月のゴールデンウィーク明けでありましたので3か月での実績がこの成果だとするとまだ良しと出来るのか?とも思えます。

なんてたってこれまで報告させてもらってきた100日更新以前の記事は現在も見向きもされていないような記事ばかりですので。

続けてきた感想。

 こうして見ると少しずつでも成長している実感が持てる記事になったと思いますね。

文章を作成することに苦手意識はあまりありませんでしたが、読んでもらえる文章を書く場合にはどのような書き方がよいのかわからず、とりあえず量をこなそうと 思い書き綴る毎日でした。

 

そしてたくさんのブロガーさんの記事を参考にしながら試行錯誤をしてきました。

もちろんこれでよしだとは全く思っていませんので、試行錯誤は続きます。

 

あと、よく毎日更新をしていて

「記事を書くのが習慣となり当たり前の日常です!」

と仰られる人がおられますが、ブログに才能がある人なんだろうなって思います。

ぼくは200日続けてきましたが、毎日がギリギリで記事が書けず就寝した時などはたまにうなされて起きます。

 

おそらく毎日更新を続けていくことは『楽しい』よりも『苦しい』といった表現がぼくには合うのではないでしょうか。

 

ただ

『3ヶ月で収益〇〇万円突破』

とか

『ブログ開設20記事で〇万PV達成』

のようなネタにはあまり反応しなくなりましたね。

そんなことに気を揉んでいると記事が書けなくなってしまうので。

そしてこれから

これからもブログに向き合っていく姿勢は変えるつもりはありません。

もっと勉強してより多くの人が訪れてもらえるようなブログにしていくつもりです。

ただ、毎日更新のスタイルの継続は辞めてしまうかもしれません。

 

言い訳に聞こえてしまうかもしれませんが、とにかく更新に追われて質があまりよくない記事を投稿してしまう事があります。

そして実生活にも多少支障が出てきているので、この問題を解決に向かわせられなけば辞めても構わないと考えています。

 

最後にこのブログのコンセプトこれから行いたいことを発表して終わりたいと思います。

 

コンセプト

  • 当ブログを訪れた人が一文でも参考になった、為になったと思ってもらえるような記事にする。
  • 正直なブログを書く
  • 親しみのあるような内容を書くように心がける。

 

これから行いたいこと

  • 記事のリライト作業
  • SEO対策を施しよりアクセス数と読者様を増やす
  • 記事投稿について「量より質」を意識していく
  • 収益化について。「Googleアドセンスの最適化」「Amazonアソシエイト」「A8.NET」の有効活用
  • 特化ブログの構築

欲張って5つもテーマを設けましたが、意識の高いブロガーさんならブログ作成時から行っているような内容だと思います。

 

ぼくはとにかく猪突猛進かの如く、ここまで突っ走ってきましたがようやくブロガーへの一歩を踏み出す気持ちであります。

 

これからも上記にあげたコンセプトと行いたいことを意識して取り組んでいくので今後ともよろしくお願いします!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。