ken-j’s diary

日々の生活で感じた事や思い出した事を綴っております

【凡人が惜しむ時間は本当に価値があるのか】凡人が大切にした時間は実はロクでも無いものだった。

ぼくは誰かを刺激するような記事を極力書きたくなので冒頭に断りをいれておきますね。タイトルにいう凡人と言うのはまず自分自身を指しています。

本日はすぐに終わるのでお付き合いくださいませ。

 

これまで何かを始める時とやっている最中に必ず考えている事があります。

『この行いはいくらかかってどれだけの時間を要するのだろう』と。

金銭であったり経験という成果を意識してから取り組む事が多かった。

 

実はその答えというのは「やればすぐに元がとれる」だから「すぐにやること」であったと感じています。

 

現在はこのブログがまさにそれだと感じます。今は毎日更新をなんとか続けられていて、本当にしょっちゅう「こんな事」をしていてなんか意味はあるんだろうかと思いに耽ったりします。

 

ですが「こんな事」をしていて、なくなったものを思い返すと取るに足りません。

だからまとめてみました。

ブログ時間が圧倒的に増えた変わりに減ったものはなにか。

・睡眠時間が圧倒的に減った

・テレビを見る時間も減った。

・のんびりとぼっーとする時間も減った。

・読書をする時間が大幅になくなった。

・交友関係も減った。

・会社付き合いも相当減った。

・ゆっくりとする時間がとれなくなった。

 

こうやって箇条書きで上げてみると取るに足らないものばかりです。

しいて言うなら「睡眠」と「読書」の質は下げたらだめですけどね。

でも、それにしても取るに足りません。

 

自分の能力に空しさを感じて日々生きてきたこれまでの人生を考えると、ブログを書き綴っていくのは自分オリジナル作品を作り上げているのと同じだと思います。

凡人のオリジナルっていうものは究極のところでいえば「遺伝子」のみでしかないと思います。

細菌でさえも持ち得ているオリジナルしか持っていないのです。

 

これには至極空しさを感じます。

だから毎日綴ります。

凡人が大切にしていた時間には価値はありませんでした。

だから、これからも凡人はロクでも無い時間ではなく有意義で価値のある時間を記事作成というものを通して過ごしていきます。

 

おわり。