ken-j’s diary

大衆の人が「なるほど」と言えるようなブログは書けない。でも少数が「なるほど」って言える記事をつくる。それがこのブログです。

【空の写真】 スマホに撮り溜めた「空」がある風景集7選

今回は息抜きタイムにしたいと思います。

 

今週のテーマ「空の写真」をスマホの過去写真より厳選してみていきたいと思います!

スマホを見直してみるとなかなか良いと思える空の写真があったので思い出を添えて公開していきます。

 

大阪市六万体町「吉祥寺」の空

f:id:ken-j:20190720122832j:plain

朝活で活動している倫理の会の集いで大阪に行った時の写真です。

研修がメインだったので観光はほとんどできませんでしたが、休憩中に散歩していたところ偶然にあり訪問しました。

滞在時間は5分程でしたが、見どころのあるスポットでした。

その週の日曜日には義士祭と言われるお祭りも行わたそうで新選組所縁の地のようでした。

自宅「月明かり」の空

f:id:ken-j:20190720123702j:plain

ぼくの生活スタイルは一般にいうと不規則だと思うのですが、一度21時辺りに睡魔がピークになり就寝準備もせず寝てしまいます。

そして、深夜に起き出し就寝準備を終え寝ます。

その時に撮った写真ですが、深夜2時過ぎの月です。

この時間はさすがに周りに起きている人はほぼいません。

物思いに耽られ、静かに光るお月様を見上げるこの時間が大好きです。

白山市獅子吼高原「パラグライダー」の空

f:id:ken-j:20190720124050j:plain

ここは石川県白山市と言う場所の高原施設です。

海抜600mの位置にある場所でロープウェイで登れる場所にあります。

山頂からパラグライダーを楽しめます。スクールも開設されており天気の良い日はたくさんの人が利用されています。

大阪吹田市「123Mの観覧車」の空

f:id:ken-j:20190720124555j:plain

社員旅行で訪れた大阪吹田市「レッドホースオオサカホイール」

乗って景色も撮りましたがこの写真を選びました。

この巨大観覧車と大空のコントラスト、よくありません?

楽しい社員旅行の思い出が蘇ってくるようです。

オススメスポットですよ。

かほく市二ツ屋「穏やかな日本海」の空

f:id:ken-j:20190720124656j:plain

憂鬱な仕事の合間に通りかかった海を見てパシャリ。

海ってどこまでも続いていて、そしてその先は青空と混ざり合ってどこからが海でどこからが空なのかわからない。

そんな雄大な景色を見てぼくはなんてちっぽけなんだろうと感じ、その後元気に仕事が出来ました。

白山市「田植え風景」の空

f:id:ken-j:20190720124722j:plain

故郷では毎年ゴールデンウィーク中に田植えをします。

この日は素晴らしく良い天気で田植えもはかどりました。

写真には写っていませんがこの後ろは竹林。

涼しげな風を感じながら休憩中に撮って写真となります。

石川県「県一高い山中腹」の空

f:id:ken-j:20190720124747j:plain

過去記事でものせている石川県一高い山「白山」に登った事時の写真です。

この辺りはまだ中腹ですが透き通るような青空でした。

軽い疲労感がまた心地よくて下界の喧騒から離れ、自然を肌いっぱいに感じられた登山となりました。

まとめ

こうやって見ていくと空と一概にいっても色んな空があり、それぞれに思い出がある「空」のある風景だと感じました。

たまにはこういう記事を作るのもいいものだと思いましたね。

 

最後まで見て頂き、有難う御座いました。