ken-j’s diary

大衆の人が「なるほど」と言えるようなブログは書けない。でも少数が「なるほど」って言える記事をつくる。それがこのブログです。

最近気になる『聞く系の本』どんなものか調べてみた。AudibleかAudiobookのどちらにしようか迷う。

f:id:ken-j:20200131064756j:plain

聞く系の本がとても気になるので、調べてみた。

ken-jです。

 

最近、聞く系本の話題を取り上げている人が多くなったような気がします。

実際は最近ではなく以前から聞く話題でしたが、どうも気になって仕方ない状態の今日この頃です。

 

気になったのなら、仕方ない。

調べてみることにしました!

 

今回の話題の結論をいうと候補は2つに絞られ、とても迷っているので2つとも試してみるという話題に落ち着きます。

候補はこの2つ

  • Audible(Amazon)
  • Audiobook(株式会社オトバンク)

 

それではどんなところに惹かれたのかを見ていきましょう。

 共通するポイント

ぼくは知らなかったのですが、聞く系のサービスはかなり多くの企業が参入しているようですね。

検索してみると本当にたくさん出てきました。

試しに検索してみて下さい!

 

 

 

どうですか、たくさん出てきませんでしたか?

 

紹介ページを複数見て回りましたが出た結論は

どれを選んでいいのかわからない!

 

選ぶものが多すぎると選ばず、利用しないという選択肢をとってしまうぼくなので、早々にどれを活用するかを決めることにしました。

 

しかし、どうしても2つから選べず、2つとも試してみることにしたのです。

 

ではなぜ2つに絞り込んだのかという理由を並べてみます。

  • 紹介している人が多い
  • 無料期間がある
  • ラインナップが好みに合っている

といった理由が挙げられますね。

 

おそらくこの2サービスのどちらでも間違いはないと思われるので試してみることにしました。

 

とはいえ、ぼくが注目したポイントがどこだったのか言わないで記事を終わらせるのも寂しいのでそれぞれ簡単に触れてみます。

Audibleの特徴

一番のポイントしては書籍数が圧倒的に多いことが特徴とされています。

当たり前の話ですが書籍数が少ないと話になりませんものね。

 

そしてなんといっても有名なAmazonが提供しているサービスだという事で、何かと安心!

 

 ダウンロードした書籍の所有権は自分になるので、一定期間過ぎると聞けなくなるということはありません!

 

料金プランもとてもシンプルです。

  • 会員プラン初回登録時は30日間無料。以降は月額1,500円。いつでも退会できる。
  • 毎月1つ付与される「コイン」でお好きなタイトルを購入。
  • 購入したタイトルは退会後もあなたのもの。
  • 会員ならどのタイトルでも30%OFFで購入可。
  • タイトルの返品・交換可能。
  • 追加料金なしで楽しめるコンテンツも。

とりあえず30日間の無料期間を利用して活用してみたいと思います。

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonのサービス

Audiobookの特徴

audiobook.jp

Audioboo最大の特徴といえば聴き放題のプランがメリットだと言えます。

月額750円/月

となっております。

 

ただし、本の所有権は当然Audiobook側にありますので、解約すると聞けなくなります。

気に入った本をいつまでも聞きたい人の為に、ポイント購入プランがあるようです。

あまり言いたくありませんが、結構割高感がありますけどね・・

 

とにかく試してみて、見えてくるものがあるでしょう。

とにかく使ってみる!

f:id:ken-j:20200131064917j:plain

これから両サービスを活用してみて、どちらがいいのか、それともどちらもいいのかを検証していきたいと思います。

 

最初に言いましたが、たくさんのサイトがさまざまな形で紹介記事を書いています。

 

でもでも

自分で使ってみないとわからないじゃないか!

 と思いますので、とにかく使ってみますね。

 

感想になるのかおススメとなるのかわかりませんが、また記事に出来たらお話してみたいと思います。

 

楽しい本との時間を過ごせることを期待しています!(^^)!

 

終わります。