ken-j’s diary

大衆の人が「なるほど」と言えるようなブログは書けない。でも少数が「なるほど」って言える記事をつくる。それがこのブログです。

気になるサイトを記事にしてみよう!『アクセスジャパン パワーランクチェックツール』サイトに被リンクしてもらいアクセス上昇中。

只今絶賛、Googleアドセンス広告制限中・・でもそんなの関係ねぇ!

こんにちは、ken-jです。

f:id:ken-j:20190817010312j:plain

今回の記事は以前の記事にも紹介させてもらったドメインパワーを調べるツール

『パワーランクチェックツール』

について、再度紹介と掲載報告についてお話していきます。

 

実は先日、サイト主であるアクセスジャパン様から連絡が入りました。

当ブログ「ken-j's diary」への掲載許可確認として。

 

実際にどんな連絡がはいったのか、経緯から話していきます。

サイト掲載をされるまでの経緯

お時間のある方はまず、ぼくの過去記事を確認してもらいます。

www.ken-j.work

 こんな記事を過去に掲載しました。

そして時々ドメインパワーをチェックする程度で日々過ごしていました。

 

正直、書いた記事内容も忘れかけていた頃、Twitterより連絡が入りました。

f:id:ken-j:20191108052558j:plain

Twitterにはたくさんのお誘いメールが飛んでくるので最初はその類かと思いました。

しかしよく読んでみると良さそうな内容でした。

 

もう即OKです!

どんな形になるか少し不安がありましたが。

ただ自分が行動した結果についてのお誘いだったので楽しみの方が圧倒しましたね。

掲載されるまでの期間、わくわくしながら待ちました。

 

余談です。

witterって有益なツールだと感じましたね。

今回のお話もTwitterで舞い込んだものだったので。

まだやられていない方は是非運用することをおススメしますよ!

どんな形で載っている?

待つこと、数日。

Twitterよりメッセージが届きました。

f:id:ken-j:20191108053752j:plain

さっそくどんな形で載っているか確認してみました。

f:id:ken-j:20191108054512j:plain

※11月8日現在

載っていましたね!

57位だそうです。

いいのか悪いのかよくわかりませんが。

 

目安としてピックアップポイントを並べておきます。

  • ランク期間    2019/10/4~11/6
  • ランク参加サイト 133サイト
  • トップランカー  67.1(ドメイン年齢 22年5ヶ月)

実際にサイトを見てもらいたいですが、最後に載せますね?

もう少しお付き合い下さい^^

他サイト様たちとの比較

このようにランキングが出ると気になるのは他サイト様との比較です。

 

今回ぼくが気になったのはドメイン年齢が近い他サイトとの比較でした。

トップランカーと比較しても期間が違いすぎる。

各サイト主ごとに運営年数は違えど、トップランカーは数年単位で運用していますので。

(中古ドメイン活用をしているようなサイト様もありましたが)

 

ぼくのドメイン年齢は6か月。

1年以内で活躍されている人を見てみます。

f:id:ken-j:20191108061110j:plain

1年以内での最高ランクは44位、ドメインパワー30.6でした。

しかも4ヶ月とぼくよりも短い。

 

まず目指すべきはこのあたりだと思います。

ということでサイト主様のもとへ訪問しましたが、すごいカスタマイズ。

おそらくみなWordpressを活用されているのだと思われます。

 

さっそく自信を無くしそうになってしまいそうですが、ぼくはぼくで地道に頑張ります。

せっかくなのでサイト様へのリンクを載せておきますね。

VAIENCE

なるほど福岡|若者向け福岡グルメ・観光情報メディア

ぽんひろ.com

アクセス流入について

お待たせしました。

アクセス流入についてお話していきますね!

 

平均アクセス200以下の当ブログ。

流入アクセスはこんな感じになっています。

f:id:ken-j:20191108063054j:plain

いつの間にか稼ぎ頭になっていました。

 

ここからもっとランクが上がっていけば上昇するでしょうから励みになりますね。

まとめ

これまでのアクセス流入は

  • はてなブログユーザーと繋がる
  • はてブ砲、スマニュー砲、Google砲の発動
  • ブログ村の活用
  • 検索サイト(Google、yahoo)からのオーガニック検索

が全てでした。

だから、今回の企業リンクへの被リンク化はすごく有益な事だと感じました。

 

全く狙ったわけではないのでラッキーでしたが、アクセス数の増加を意識する上で貴重な体験となりました。

 

最後の最後まで引っ張ってきましたが、サイトリンクを掲載しておきますので是非ご確認下さい!

(最初に掲載すると確実に直帰率とセッション時間が悪くなることがわかっていましたので・・)

www.ispr.net

 

最後までお読み頂きありがとうございました!