ken-j’s diary

大衆の人が「なるほど」と言えるようなブログは書けない。でも少数が「なるほど」って言える記事をつくる。それがこのブログです。

現場監督との再会

過去、伊藤忠時代の新築建築現場の監督と改装中の現場で再会した。

自分のイメージではそのような監督業の人に顔を覚えてもらうことなどあまりないように思っていたが顔を見るなり久しぶり!となった。

何にも分からないまま現場に出て必死に色々と聞いてやってきた事があって印象に残ったのではないかと思った。

どこで再会するのか分からない。

でもやってきた事が悪い形ではなかったので、良い再会であった。