ken-j’s diary

大衆の人が「なるほど」と言えるようなブログは書けない。でも少数が「なるほど」って言える記事をつくる。それがこのブログです。

両親への気遣いを具体化する。

灯油が流失した話。

 

実家では暖房用で250リットルのタンクを車庫内においてあり防油堤も設けていない。

(規則では200リットル以上は必要)

 

親が一旦ポリ缶からタンクへ落とし込み、それをストーブ用タンクに入れるという構造で灯油を入れている。

 

そのポリ缶が空になっていたのか、タンク本体のバルブを開けたまま、ストーブタンクに灯油充填完了!

放置!

という形で灯油が流失してしまった。

 

流れ出た量は推定70〜80リットル程。

しかも、車庫の中なので灯油臭さは尋常ではなかった。

 

対処を兄と対応。

家にある道具等を活用しなんとか対処完了した。

匂いはまだ残ったが危険性は無くなったのでよかった。

 

よく聞くと、両親共やってしまっているようだった。

 

親も定年を迎え、偉大に見えていた両親にも翳りが見えるようになってきた。

 

大の大人になった今、支えられてきた恩を返していく時がきたのだと感じる。

 

まずは

再発防止策をうつこと

灯油を満タンにしてあげること

この辺の些細なことから返していきたい。