ken-j’s diary

大衆の人が「なるほど」と言えるようなブログは書けない。でも少数が「なるほど」って言える記事をつくる。それがこのブログです。

なぜ成功法則を学んでも成功しないのか?

シバクラ氏のyoutubeが面白かった!

今回のテーマにしました。

 

 一般的成功法則は無意識に働きかけるそうです。

その方法として5つ

・目標を紙に書く

・トレジャーマップをつくる

・ツイてると思うツキ寄せの法則

・ありがとう、感謝

・自己暗示 アファーメーション

 

これが従来の成功法則だそうです。

 

この法則を試して結果は出ましたか?

という問いに対して本編も否と話していましたが、ぼくも出ていないと感じております。

全部試していませんが。

 

ここからが面白いです!!

 

人には

・自燃 20%

・他燃 60%

・何も動かない人 20%

 

のタイプがいるそうです。

従来成功法則は自燃の人に向けたものだったのです。

 

自燃の人は自発的に活動を行える。

このタイプは

「無意識レベルを引き上げる」

事で成功をしていたそうです。

従来の成功法則は意識レベルから無意識レベルへの働きかけを自発的にできる自燃の人が成功する法則だったのです。 

 

一方

他燃の人は言われないと出来ないタイプだそうです。

 

ちなみにぼくはこちら側なので、ここからが本題です!

 

他燃の人は自燃とは逆で

「無意識レベルを意識して意識を動かす」

という事を行います。

 

説明をすると

今すぐ必要でない事は本気になれない。

だから、無意識レベルを動かす事が重要であるとのことです。

これは意識しなくても行なっている「習慣」を活用し無意識レベルを上げ、そこから生まれた力で意識レベルを上げていくということだそうです。

 

具体的な行動として

「今までやったことのない事をやってみる」

 

今まで不要(娯楽関係)と思ってきた事をあえてやってみる。

テレビゲームとか。

ラジコンとか。

旅行とか。

 

これにハマる事で

もっとハマりたい、やり込みたいという気持ちになる。

そして

その事にもっと時間やお金を費やしたいと思う。

その為には

時間やお金を工夫して捻出する。

その結果

意識し時間とお金を使うようになる。

 

これが

「無意識」→「意識」

への働きかけのメカニズムで「他燃」の人が成功する方法だと話していました。

 

ぼくはさっきも述べたように間違いなく

「他燃」

ですので、目からウロコな気分です。

早速何があるのか考えており、試してみたいと思います。

 


なぜ、成功法則を学んでも成功できないのか?【超重要】