ken-j’s diary

大衆の人が「なるほど」と言えるようなブログは書けない。でも少数が「なるほど」って言える記事をつくる。それがこのブログです。

【携帯電話 キャリア変更】大手キャリア→格安キャリアへ変更してきました。しかし、メリットはほんとにあったの?キャリア変更の注意点

f:id:ken-j:20190823062302j:plain

この度auからUQへ乗り換えしてきました。

乗り換える前はこれで通信費を下げることができる!と思っていましたが

そんなにメリットはなかったのかもしれません。

残念ですが。

順番に整理していきたいと思います。

乗り換え要因となぜUQ

乗り換えようと思った要因はズバリ料金です。

もう当たり前すぎなのでここはこれでスルーします。

 

もう一つのテーマでなぜUQなのか?

その問いについては定員さんの勝利です。

現在使っているスマホはiPhone7です。

スペックに不都合が全くないためそのまま使うと決めていました。

 

店員さん

「UQはauの通信回線を使用しているので乗り換えがスムーズなんですよ!」

「スマホもそのまま使えますよ!」

 

ぼく

「そうなんですか!じゃあ割引期間が終了したら乗り換えますわ!」

という事でUQに乗り換えることになりました。

 au時代の請求料金

実は2年更新前の料金は格安キャリアとひけをとりませんでした。

2000円前半使えていたんですよ。

ネット併用割引でしたが。

それが2年更新終了で約月3000円UP。

 

なぜ2年契約のあと料金UPという仕組みがあるのでしょうか。

やらしいです。

乗り換え後の料金

続いてUQの料金も同じく2000円前半だと聞いております。

しかし、そのままずっとではありません。

1年後には1000円UP。

その後にも値上げ要素は多々あります。

 

改めて感じますが携帯料金って油断できない経費だと感じます。

乗り換え時の注意点

f:id:ken-j:20190823062330j:plain

 これまで〇〇年更新時で料金UPの意味がわからず、料金UPのタイミングでキャリア変更してきました。

これだけ書くと上手に節約しているように見えますが、実はすべて無駄な経費をかけながら切り替えています。

 

更新月に切り替えれていません!

 

これまでも今回もそうですが、更新月を4か月超過しての切り替えとなりました・・。

この超過によって違約金やら切り替え手数料やらが加算され

約16,000円の損失となりました。

 何をしているんだか。。

 

切り替えを意識している方がおられましたら、更新期間には注意しておきましょう!

ぼくの教訓でした。

通信速度はいかに?

大手キャリアから格安キャリアへの変更で一番気になる点といえば

通信速度

ではないでしょうか。

まだ使用して間もないですが、設定によってはやはり通信速度はかなり遅くなりますね。

 

UQアプリ画像で説明します。

モードが二つあります。

高速モード

f:id:ken-j:20190823055402j:plain

アプリ上で上記部分をクリックすると切り替えれます。

高速モードで稼働はまだしておりませんがデータを消費しながら使用するとのことです。

おそらくある程度速いのでしょうが、ぼくはあまり使用しないと思います。

節約モード

f:id:ken-j:20190823055924j:plain

現在はこの設定で使用しておりますが、この設定のメリットとしてデータ容量を使用しないと定員さんは話しておりました。

半信半疑ですが。

ちょっとずつ減ってますし。

体感速度でいうと

  • Twitterは大手キャリアと遜色なし
  • ネットサーフィンも今のところ不便を感じない
  • はてなブログの購読一覧も問題なし
  • 読者様記事の閲覧で差がある

読者様記事の閲覧部分で速度が遅いことを感じました。

写真容量の重さが原因なのでしょうね。

 

これまではパソコンとスマホで重さというものを感じたことがありませんでしたので、SEO的に閲覧速度は重要だと聞いていました。

この格安キャリアに切り替えたことで閲覧速度は重要であると実感しました。

まとめ

f:id:ken-j:20190823062347j:plain

格安キャリアに変更して間もないですが通信速度に関してはこれで良し!だと思います。

なぜかというと、ネット依存気味になっているのでついついスマホを見てしまうということが減ると考えられるので。

 

もう一度言いますが教訓として、そしてアドバイスとしてですが。

キャリア変更は更新月に行いましょう!

でした。

徳をしたように思えますが大損です。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。