ken-j’s diary

大衆の人が「なるほど」と言えるようなブログは書けない。でも少数が「なるほど」って言える記事をつくる。それがこのブログです。

【目標まであと少し】達成目前で訪れる失速『やり抜くための処方箋を考える』

ゴール手前でやる気がなくなることってありませんか?

ken-jです。

 

当ブログも毎日継続を続けてきて313日となります。

目標としては1年間の毎日更新です。

もう少しと言えばもう少し。

まだまだと言えばまだまだ。

f:id:ken-j:20191203071715j:plain

到達度をパーセンテージで示すと

約86%となります。

 

ここへきてぼくの【悪い癖】が出てきております。

その悪い癖というのは

『目標の手前で一気にやる気を失う』

ということです。

 

皆さん、どうでしょうか?

 

やはり普通だと

「あとちょっとだから踏ん張ろう!!」

となるのでしょうかね。

 

ぼくはブログに限らず、様々な事柄に対して訪れます。

例えば、runningをしている時。

「もう家に帰りたいからショートカットしようかな・・・」

とか。(実際はほとんどしませんけどね)

 

ここで今一度仕切り直して

どうすれば立てた目標をしっかりと達成できるのかを検証したいと思います。

何が失速原因となっているのかを突き止める

f:id:ken-j:20191203071805j:plain

 目標達成を妨げようとしている失速原因を考えてみます。

  • あと少しだという安心感がある
  • 成功する事への恐れを感じている
  • 飽きてきている

あと少しだという安心感がある

 感覚の話になりますが、大体いつも目標の8割位を越えてくると湧いてくる感情になります。

つまり当ブログでいうとまさに合致する期間になっているということです。

 

目標達成にまで起こる感情をパーセンテージごとに表現してみたいと思います。

  1. 0%(目標策定)  達成出来たらどんな気分だろ、わくわくする!
  2. ~30%(経過途中)  習慣になってきたから、黙々と続けられるな!
  3. ~50%(中間地点)  要領が分かって楽しいわ!ゴールも見え始めてきた!
  4. ~80%(日常継続)  継続するのが当たり前。このまま卒なくゴールできるね。
  5. 80%~(脳内達成)  当たり前だから達成したも同然。放っておいても出来る!

おそらく80%をこえてくるとすでに達成したものだと脳内では達成してしまっている。

ここが一つの原因となっているのでしょう。

 成功する事への恐れを感じる

 作った目標に時間と労力をかけて取り組むものほど起こりやすく感じます。

『頑張ってきたものが到達するのは嬉しい!でも終わっちゃうのが寂しい』

 とか

『目標を到達したあとは何をすればいいの?』

といった感情が無意識に働いているのではないでしょうか。

 

人は失敗する事に恐れを感じますが、成功する事にも恐れを感じるそうです。

飽きてきている

目標というのは自分が達成したいものに対して取り組むものがほとんどだと思います。

何にも考えずぼーっと過ごしたり、ただ楽をして日々を過ごすことではありません。

 

自らが活動して取り組むわけですから、その取り組みに飽きるという現象は起こり得ます。

失速原因について処方箋を考えてみた

f:id:ken-j:20191203071829j:plain

 原因追及をしたら処方箋が必要ですね。

それでは1つずつ見ていきましょう。

「あと少しだという安心感がある」についての処方箋

自己意識を【脳内達成】状態から【中間地点】と【日常継続】の値に戻すように意識する。

  • ~50%(中間地点)  要領が分かって楽しいわ!ゴールも見え始めてきた!
  • ~80%(日常継続)  継続するのが当たり前。このまま卒なくゴールできるね。
  • 80%~(脳内達成)  当たり前だから達成したも同然。放っておいても出来る!

この部分に戻すことで楽しみながらかつ、継続してきた自信をもったまま進められる。

いつの間にか目標達成していたとなるでしょう。

 「成功する事への恐れを感じる」についての処方箋

「成功した後は何を目標にして動けばいいのだろうか」

と考えると成功しない方がいいかもと考えてしまうのかもしれません。

 

答えは非常に簡単で次の目標を打ち立てるだけですね。

ぼくの場合を例にして考えてみます。

まだ複数の案がありますが、出していきます。

 

ブログの1年更新を達成したあとは・・

  • 引き続き「毎日更新」を継続させる
  • 4月フルマラソンに向けて本格的トレーニング開始
  • ブログ作成の為作った時間を有効活用 候補は『読書』『プログラミング勉強と収益化』

今のところ、これだけの候補があります。

うまく連携させていければと考えていますが、1つに注力するかもしれません。

ただ言えることは

『目標達成しても終わりじゃない』

ということですね。

 

成功に対する恐れは次の目標で対処できればいいわけです。

「飽きてきている」についての処方箋

飽きについての効果的方法としては「あと少しだという安心感がある」の中で話した楽しかった時の気持ちを思い出すことがよいと思われます。

しかし

単純にどうしても面白くなければ

思い切って辞めてしまう!

というのもの一つの手かもしれません。

勇気はいりますが。

まとめ

f:id:ken-j:20191203071846j:plain

今回の記事は、ぼくのブログ更新について倦怠感があったので、対処法について調べたり自分なりに考えてみたことがきっかけとなります。

 

「飽き」についてもお話しましたが、最悪ストレスを抱えたりして害になるようであれば辞めればいいんです。

でも、せっかくあとちょっとまできた目標。

達成できたらいいですよね。

 

さあ、あと52日頑張ろう!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。