ken-j’s diary

日々の生活で感じた事や思い出した事を綴っております

「受ける」⇄「与える」 サービスの差

生活する上で

「サービスを受ける側」

「サービスを提供する側」

の両面で生活している人が大半だと思います。

 

ちなみに今回、結論はありません。

 

ぼくはこの「提供する時」に違和感を感じる事があります。

いろんな場面でそれはありますが

今回は集金をする時にありました。

 

ガス供給なので毎月必ず集金をしますが

その際に挨拶してただお金をもらう事だけでいいのかどうか?と常々思います。

もちろん「感謝」「笑顔」は欠かしませんが。

 

他にももっと話をすべきではないのかと感じるのです。話題のある人はしますけれど。

 

そう思いながら「受けた時」の事を思い返しました。

集金で限って言えば新聞、訪ねてくるのは宅配便。

どちらにしても最低限の会話で終わり、ぼく自身それで良いと感じます。

 

結局、ケースバイケースとなるでしょうがこんな所にオンリーワンとなり得るヒントが隠されているのでしょうね。

 

突然訪ねられても喜ばれるにはどんな話題が良いのか、何をしたら印象に残るのか。

集金だけではなく多方面で考えていきたいです。