ken-j’s diary

大衆の人が「なるほど」と言えるようなブログは書けない。でも少数が「なるほど」って言える記事をつくる。それがこのブログです。

やる気はあった。必要なのは使命感と危機意識

前のブログでやる気のない事務員さんの話をした。

(非常に失礼な言い方ですね)

 

その後、彼女は変わった。

仕事を優先し、残業をし終わらせた。

皆んなが手伝い助けたのもあったが。

 

その変化に

意識転換のヒントを感じた。

 

・単純に思いをぶつけてみる。

・何故それをしなければいけないか、これをしっかりと説明する。

 

今回の場合

県の定期立入検査がありその検査において不備がどのような形で皆んなに迷惑がかかるのか。

そのような事が伝わったのでは無いだろうか。

 

彼女は感謝の言葉と

「今後はしっかりと取り組みます」

とホッとした顔で言っていた。

 

この件に関して、もしかすると違う側面もあるかもしれない。

 

「この子はやる気がないので言っても伝わるわけがない」

 

このようにして勝手な、自分の色眼鏡で見ていたのかもしれない。

 

どちらにしても意思を伝える。

出来る限り分かりやすく。

 

当たり前に感じて中々難しい。

 

(実は、この話にはオチがあります。彼女に意思を伝えたのは僕ではなく、同僚と上司の事務員さん。外出中の出来事でした。偉そうに語りました。すいません!)