ken-j’s diary

大衆の人が「なるほど」と言えるようなブログは書けない。でも少数が「なるほど」って言える記事をつくる。それがこのブログです。

W発電 我が家の年間収支part1 ≪電気編≫

我が家では発電設備が2つあります。

俗にいう「W発電」です。

 

まず、W発電とは何か説明します。

 

W発電とは・・

【太陽光発電とエネファームの組み合わせ】

のことを言います。

 

・太陽光発電

普及もかなりされており下火になっていますが、屋根の上についているあのパネルの事ですね!

我が家では〈4.5KW〉システムが設置されています。

 

・エネファーム

「エネルギーの農園」という意味で名前が付けられています。(多分..)

どんなものか一言でいうと「給湯器だが電気も一緒に作れる!」というものです。

 

もう少しだけ細かく説明すると

原料としてガス(プロパン、都市ガス)を使用しお湯と電気を作りだせます。

仕組みとしては原料のガスを科学反応させ水素を取り出し空気中の酸素と反応させて発電をします。その発電時に熱が発生するのでその熱を給湯に利用する。

といったシステムになります。

いつものようにもっと細かい説明は先生へどうぞ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%A0

 

この内容を踏まえて

1年間の電気料金の収支を纏めてみました!

 

年間収支(2018年4月~2019年3月)

 

◉買取電気量・金額 1,244kw 35,798円

◉売電気量・金額  4,528kw 140,368円

 

◉差額電気量・金額

    電気量 3,284kwを売りました。

 

金額 104,570円 プラスです!

 

しかも、我が家のガス供給会社では売電気1KW=8円を補填してくれています。

 

なのでこの分を足すと

 

36,224円

 

が追加になるので

 

TOTAL +140,794円

 

になります。

 

上出来です!

 

グラフではこのようになります。

f:id:ken-j:20190416061254p:plain

 

住居が北陸という事も冬は仕方ないですね。

冬、降りますし。

 

しかし、エネファームの中の説明でもあったようにオール電化住宅ではありませんのでガス代金がかかります。

※この内容で電気を売れる&ガス会社からの補填は設置後10年限定となります。

 

次回の記事ではそのガス代にフォーカスをしてみたいと思います。

そちらの記事も是非、読んでみて下さい!

 

次回は

【W発電 我が家の年間収支part2《ガス編》】

です。(明日公開します。)