ken-j’s diary

大衆の人が「なるほど」と言えるようなブログは書けない。でも少数が「なるほど」って言える記事をつくる。それがこのブログです。

今年の家庭菜園はこれ!

我が家では毎年この時期に家庭菜園として野菜を植えます。

小さい庭ですが案外沢山出来るんですよね!

特にきゅうりとか。

自家製栽培の野菜というのはやはり美味しいし安心だからいいですよね。

 

あと、緑のある生活というのはいいものです。

住んでいる所はそこまで都会ではありませんが、緑と言えば道端にある雑草や

並木道、公園などでそこまで緑を感じることが出来ません。

 

なので、例え野菜の緑といえどあるのとないのとでは違いますね。

 

前置きはこの辺にして、植えた野菜を見ていきたいと思います。

f:id:ken-j:20190526072118j:plain



左から

・なす(みずはな)

・なす(みずは)

・なす(くろぶり)

f:id:ken-j:20190526072140j:plain



左から

・なす(千両二号)

・トマト(シンティオレンジ)

・きゅうり(北進)

・きゅうり(北進)

・きゅうり(北進)

・ブロッコリー

・きゅうり(夏ふうみ)

f:id:ken-j:20190526072158j:plain



左から

・ミニトマト(シュガーミニ)

・トマト(純あま)

・トマト(レッドオーレ)

 

といった感じになっています。

 

これからツルの誘導や脇芽の剪定をして大きな実が育つように頑張りたいと思います!

あと、アブラムシには要注意ですね。

あいつら、厄介です(笑)

 

ちなみに給水装置としては昔会社で余っていてポンプタンクを再利用して雨水を利用してます。

おそらく100リットルの雨水が貯められ、水道代も少し節約できています。

 

家庭菜園は楽しむのと自分で育てた安心な野菜を食べられるというのが最大のメリットだと思いますが、経済面でも少しだけ役に立っているのではないかと思います。

 

もし雨どいが近くにある場合は施工されれば節約になりますよね。

オススメです。

f:id:ken-j:20190526072217j:plain



f:id:ken-j:20190526072238j:plain



 

 

今回、このスペースに多くの野菜を植えましたが、多かったでしょうか。

ぼくは多かったと思います。。

でも、文句は言えません。

 

オチですが、これ全部奥さんが買ってきて苗を植えてました。

その間、ぼくは飲んだくれです。

ここからの作業はしっかりしようと思うので、また時々育成ブログをつけますね!

 

では、また次の記事で。